コラムCOLUMN

2018.1.25【vol.3】「お湯が出ない!」を解消する給湯器トラブルの対処法

冬の楽しみといえば、やっぱりお風呂!寒い季節だからこそ、お湯にじっくりと浸かり体をポカポカに温めたいものです。しかし、楽しいお風呂の時間を奪う住まいのトラブルがあります。それは「給湯器の故障」。自動お湯張りボタンを押したけどお湯が出ない場合、きっと突然の出来事にどう対処すればいいか迷ってしまうかと思います。そこで今回は、皆さんでも簡単にできる給湯器トラブルの対処法をご紹介!手順に沿ってトラブルの原因を探ってみましょう。

ユニットバスの自動お湯張り機能でお湯が出ない場合

①ユニットバス以外でお湯が出るかチェック!
  • キッチンの洗い場や洗面台などの蛇口からお湯が出るか確認しましょう。
    お湯が出る場合はユニットバスに問題があることが想定されます。
②給湯器のコンセントを一旦抜いてみましょう
  • 外に設置してある給湯器のコンセントを抜き、30秒後にコンセントを再び差し込み電源を入れると、給湯器が正常に機能する場合があります。
③復旧しない場合は住まいのプロに連絡を!

電源を入れ直してもお湯が出ない時は、サーラハウスサポートもしくは給湯器メーカーにご連絡ください。

終わりに
給湯器の寿命はおよそ10年と言われていますが、使用開始からそれほど経っていない給湯器でも部品に不備があると給湯機能に影響を及んでしまいます。住まいのお引渡しから保証期間の2年間を過ぎると有償修理となりますので、「給湯器から変な音がする」「給湯温度が安定しない」といった給湯器の不調を感じたら、大きなトラブルを防ぐためにも専門スタッフに点検してもらいましょう。